家族葬なら安い費用でも立派なお葬式ができる

安い費用でお葬式が執り行える家族葬で注意する点

参列者が少人数で安い費用でおさまるだけで家族葬は一般葬と同じ内容となりますが、一般葬と異なる点も理解しておくべきです。

一般葬は亡くなった方を弔うと共に、参列するかどうかは別として、友人や近所の人にお葬式を執り行うと連絡することで、亡くなったということを告知するという役目も持っています。この連絡をしておくことで、亡くなったことを知らなかった人から連絡が来たりするのを防ぐことができます。お葬式を執り行うことを対外的に告知することには、このような意味もあることを理解しておきましょう。

限られた人だけで執り行う家族葬は、家族葬を執り行うという連絡を最低限しかしないため、その人が亡くなったということを知る機会がありません。そのため、家族葬の後に知り合いから連絡が来たり、亡くなったということを後で知って自宅に弔問に訪れたりする可能性があります。そうした場合は、相手に事情を説明して納得してもらう必要があります。

なかには家族葬に呼んでもらえなかったことに不満を感じる人がいることもあります。家族葬を執り行う際は、亡くなった人の交友関係などを詳しく把握しておく必要があります。家族葬は小規模なので費用が安いといっても、こうしたことに注意する必要があります。