家族葬なら安い費用でも立派なお葬式ができる

家族葬は費用が安いが一般的な形式と同じ内容

家族葬は、基本的に参列する人数が少なくて安い費用で済むだけで、一般葬と内容はほとんど同じです。家族葬という名称から簡略化した形式だと勘違いする人もいるようですが、きちんと納棺の儀式、お通夜や告別式なども行います。

そのため、参列者は礼服を着用する場合もあり、僧侶などに来てもらってお経を読んでもらいます。お葬式が行われる場所も、一般葬と変わりありません。通常の葬儀式場内にある規模の小さい場所を使われることも多く、厳かな雰囲気の中で家族葬を執り行うことができます。

以前は一般的なお葬式しか執り行われていませんでしたが、今では少人数で行う家族葬が普及していますので、多くの式場では家族葬用のプランも用意されています。式場のスタッフにお願いをして、特別に家族葬の用意をしてもらう必要はありません。家族葬の内容や参列者の人数などを連絡すれば、適切なプランを提案してくれます。

広い式場を埋めなければいけないと、参列者を集めるためにあまり親しくない人たちにまで連絡しなければと考える人少なくありませんでした。しかし家族葬であれば、義理で参列してもらう人がいなくても、本当に亡くなった方と親しかった人たちだけで、心のこもった家族葬が安い費用できるようになっています。